VTI ってなに?米国市場全体に投資が出来る!特徴とメリット、デメリットを解説

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
ETF

おはようございます。FIREを目指す会社員・けーすけです。

今日はVTIについて、お話していこうと思います。

米国の株式に丸ごと投資できる米国ETF VTI

その特徴をまとめると

 ・銘柄数3,500超  
 ・米国株式のほぼ100%に投資
・年平均利回り7.25% 


分散投資は基本中の基本です。

この銘柄を持つだけで米国のすべての株式を持つことが出来ます!

では、VTIに関して詳細を見ていきましょう。


VTI の概要

VTIの正式名称は、バンガード・トータル・ストック・マーケットETF です

米国市場に上場している株式のほぼ100%を対象としたETFです。

  • 運用会社       :  バンガード社
  • 組入銘柄数      :  約3,600銘柄
  • 信託経費率   :  0.03%
  • 配当利回 り    :  1.42%(2020年実績)
  • 配当実績      :  2.77ドル(2020年実績)
  • 設定日          :  2001年5月24日

大きな特徴は、約3,600を超える銘柄を対象としていることです。

大型株だけでなく、大きな成長を遂げる可能性のある中・小型株も対象にしているので、大きなリターンを得られる可能性があります。


信託経費率は0.03%と、とても安くなっています。

運用会社であるバンガードの方針は経費率を安くすることなので、それが反映されています。


VTIのセクター比率と構成銘柄


次にVTIがどのようなものに投資をしているのかを見ていきましょう。

VTIのセクター比率


VTIのセクター比率は以下の通りとなっています。



この表からわかる通り、幅広いセクターに投資をしていることがわかります。

テクノロジーの比率が26.2%と非常に大きな割合を占めています。

テクノロジー株の影響を大きく受けるETFです。

構成銘柄比率

次に構成銘柄比率を見ていきます。

上から、Apple、Microsoft、Amazon、Facebookと米国を代表する企業が名を連ねます。


VTの分配金額・分配金利回り推移

次に2011年からの分配金額・分配金利回りの推移を見ていきます。

*1: 年末株価は、その年の12月末の終値。
*2: 年間分配金を前年末の株価で割った利回り。
平均は、各年の値の合計を年数で割った平均値。

株価騰落率は平均13.7%と良好。

分配金利回りは平均で3.28%と良好。

分配金は2020年のコロナショックもあり減配するも、それまでは右肩上がり。

増配率10%超えの年もあるなど、

右肩上がりのキャッシュフローを期待できます。

まとめ

今回はVTIバンガード・トータル・ストック・マーケットETF)についてまとめました。

VTIの特徴まとめ
  1. 米国の中小企業を含む3,600を超える会社に分散投資
  2. 経費率は0.03%と非常に低い水準
  3. 幅広いセクターに投資
  4. テクノロジーの比率が26.2%と非常に大きな割合を占める
  5. 株価本体の値上がりも期待でき、かつ増配も期待できる


僕自身はETFとして投資はしていないですが、息子のジュニアNISAで【楽天・全米株式インデックス・ファンド】を購入し、毎月積み立て投資をしています。

楽天・全米株式インデックス・ファンドは、VTIを対象としている投資信託ですので、間接的に保有していることになります。

米国の中・小企業の成長も取りこぼしたくないと思う方は

是非、VTIをご自身のポートフォリオに組み入れてはいかがでしょうか。

Road to FIRE!!!!!


ランキングに参加しています。

応援よろしくおねがいします!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ




ETFについて詳しく知りたい方はこちら


他の米国株ETFについては以下の記事で紹介しています。高配当株ETFはオススメのETFです。



ランキングに参加しています。

応援よろしくおねがいします!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
ETF
シェアする
けーすけをフォローする
けーすけのRoad to FIRE!!!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました