S&P500に連動する投資信託!インデックス投資家の強い味方!

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
投資信託

おはようございます。FIREを目指す会社員・けーすけです。

今日はS&P500に連動する投資信託について、お話していこうと思います。

長期積み立て投資を行っている方の中には、S&P500に連動した投資信託を買っている方は多いのではないでしょうか。

僕も毎月S&P500に連動した投資信託を積み立てています。

今回は、S&P500に連動する投資信託をいくつかご紹介したいと思います。

S&P500に連動する投資信託一覧

S&P500は、米S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス社が提供する米国の代表的な株価指数です。

米国の主要な上場企業500社の株価をもとに算出されており、その時価総額は米国株式市場全体の約80%をカバーしています。

米国の景気を表している指標ということが出来ます。

このS&P500に連動する投資信託は非常に人気があるので、たくさんの会社が投資信託を運用しています。

S&P500との連動を目指す投資信託であれば、基本的にどのファンドもほぼ同じ値動きをします。

なるべくコストの少ないファンドを選ぶことと、純資産が多いことが、長期積み立て投資では重要なことです。

コスト比較:No.1はSBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド

一番信託報酬が低い投資信託は、SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドです。

信託報酬は、0.0938%と非常に低い水準です。

長期積み立て投資では、このコストは低ければ低いほどパフォーマンスが良くなるので、是非積み立てたい商品です。

この投資信託は、取り扱っている金融機関が少ないのが唯一の欠点です。

もしご自身の金融機関が取り扱っていない場合は、次に信託報酬が低いのが、三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)ですから、こちらを買うのがよいでしょう。

純資産比較:No.1は三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

純資産が小さいと、委託会社が運用を終了してしまうリスクがあります。

運用を終了してしまうと、その時点で償還されてしまうので、せっかく長期で積み立てする予定だったのに、その時点で利益確定されてしまい、つみたてNISAの利点を活かしきれません。

そういった理由から、純資産の大きい投資信託を選ぶ必要があります。

この中で一番大きいのは、三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)です。

純資産額は約2,670億円と突出しています。

この投資信託はとても人気があるため、途中で償還される可能性は低いでしょう。

三菱UFJ国際投信のeMAXIS Slimシリーズは、業界最低水準の運用コストを目指すインデックスファンド・シリーズです。

信託報酬をどんどん引き下げる方針のため、今後も信託報酬が下がる可能性もあります。

まとめ

まとめ
  1. S&P500に連動する投資信託はたくさんある
  2. コストで選ぶなら、SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド
  3. 純資産で選ぶなら、三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

僕は、

SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

を両方ともつみたてNISAで購入しています。

最初は三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)だけを積み立てていたのですが、SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドが出てきたので、こっちも買っちゃえって感じのノリで買いました(笑)

どちらも償還される可能性は低いでしょうから、長期的に積み立てするには安心ですね。

Road to FIRE!!!!!

投資信託について知りたい方はこちらをご覧ください。

ランキングに参加しています。

応援よろしくおねがいします!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
投資信託
シェアする
けーすけをフォローする
けーすけのRoad to FIRE!!!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました