セミリタイアするのにiDeCoは必要か?大多数の人には向いていない!向いている人の年収はいくら?

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
FIRE

セミリタイア生活では、支出をおさえるために、節約や節税を考える機会が多くなります。

また、資産を増やすための方法・制度についても調べると思います。


節税や資産を増やす方法の一つに「iDeCo(個人型確定拠出年金)」という制度があります。


老後の2,000万円問題が世間を騒がせた時にも、老後に向けた資産運用の方法の一つとして「iDeCo」を聞いた人は多かったのではないでしょうか。


今回は、セミリタイアを目指す上で、iDeCoが必要なのかについてお話ししていこうと思います。

この記事を読むことで、

・iDeCoについて学べる
・セミリタイアとiDeCoの相性がわかる
・セミリタイアと相性の良い資産運用方法がわかる


そもそもiDeCoって何?


iDeCoとは、個人型確定拠出年金のことで、老後資金を効率的に準備できる仕組みとしてつくられました。
iDeCoについては、以下の記事で詳しく説明していますので、是非ご一読ください。


iDeCoの加入者は、まず毎月一定の掛け金を積み立て(掛け金を拠出し)、定期預金、保険、投資信託などの運用商品のラインナップから好きなものを選び、掛け金を元手に運用します。

そして60歳以降に、運用して得た利益分を含む金額(資産)を、年金または一時金として受け取ります。


iDeCoの特徴は、簡単に言うと、「資産運用」「節税」「年金」です。

原則60歳から受給できる個人年金
年間掛金(拠出金額)を所得控除できる
売却益(譲渡益)や分配金が非課税になる

これらの特徴を自身のセミリタイア生活で、生かせるのかどうかで、利用する価値があるのかが決まってきます。

特に「節税」の効果を期待できる場合は、iDeCoを運用するメリットがあります

セミリタイアにはiDeCoは向いてないのか。



結論から言うと、「大多数の人に向いていない」です。



理由は3つ。

・iDeCoの最大のメリットである、"所得控除"の恩恵を受けにくい
・iDeCoを利用していると、資産は増えるが、キャッシュフローが増えない
・原則、60歳以降しか受け取れないので、万が一の時に使えない


順番に見ていきましょう。

●iDeCoの最大のメリットである、”所得控除”の恩恵を受けにくい
セミリタイアの場合、資産所得がある程度ある人なら、所得が低くても生活が可能です。
しかし、所得が低いということは、そもそも所得税や住民税などを払っていない、もしくは少ないので、控除する所得がありません。



その場合、iDeCoの最大のメリットである、”所得控除”の恩恵を受けにくいです。
労働所得が103万円以上ある場合は、多少なりとも恩恵は受けられますが、微々たるものです。
賭け金が少ないので、運用効率は上がりませんし、iDeCo口座を持っているだけで手数料がかかりますので、非常に非効率な運用になってしまいます。


ご自身のセミリタイア後に予定している所得では、どの程度の節税効果があるのかを確認してみましょう。
ざっくりとした、節税効果は以下の通りです。

※所得税率:年収195万~329.9.9万円→10%、年収330万~694.9万円→20%、住民税率:10% で計算
※実際は個人の状況により変わるため、参考程度に


●iDeCoを利用していると、資産は増えるが、キャッシュフローが増えない
セミリタイアの時に大事なのは、安定したキャッシュフローがあることです。
つまり、資産を取り崩したり、資産からの配当などのキャッシュフローが必要になります。
しかし、iDeCoは原則60歳にならないと引き出せないので、60歳になるまではキャッシュフローが得られません。

それであれば、他の節税制度や資産運用の方法を利用して、ある程度のキャッシュフローを得られる状態の方が、安心してセミリタイア生活を送れると思います。

一方、60歳になるまでは、他の資産からor労働によるキャッシュフローを得て、60歳以降に更なるキャッシュフローを得る予定の方にとってはiDeCoは活用する価値があります。
人それぞれ、資産額や資産の内訳が異なりますから、ご自身の資産を見ながら、iDeCoを利用するか否かを決めましょう。


●原則、60歳以降しか受け取れないので、万が一の時に使えない
先程の理由とも被りますが、iDeCoは原則60歳になるまで引き出せないので、60歳になるまでに急にお金が必要になった時に、困ってしまいます。
iDeCoは、他の資産運用や節税制度を満額で利用した後に、余剰資金で行うのが良いかもしれません。


セミリタイアと相性の良い資産運用方法

iDeCoはセミリタイアを目指す人、誰にでも良い制度では無いことがわかって頂けたと思います。
一方、セミリタイアを目指す人の内、全員にとって良い制度があります。
それはつみたてNISAです。
つみたてNISAは、所得控除などの利点は無いですが、iDeCo同様、運用益が非課税になりますので、非常に良い制度です。

僕自身は現時点、iDeCoを活用しておらず、つみたてNISAで節税メリットを享受しながら、資産運用をしています。
つみたてNISAは、長期積立投資をするための制度なので、是非活用しましょう!

つみたてNISAについて知りたい方は以下の記事をご覧ください。

4.まとめ


今日は「セミリタイアにiDeCoは必要か?」をテーマにお話ししました。

まとめ
  • iDeCoとは、個人型確定拠出年金のことで、老後資金を効率的に準備できる仕組み
  • セミリタイア後は”所得控除”の恩恵を受けにくい
  • キャッシュフローが得にくい
  • 60歳以降しか受け取れないので、万が一の時に使えない


僕は今はiDeCoを活用していませんが、もしセミリタイア後にある程度の収入が見込めるのであれば、iDeCoも活用するかどうかを検討しようと思っています。



お得な節税制度を活用して、最高のセミリタイア生活を満喫したい!!!
皆さんと一緒に頑張っていきます!!!


Road to FIRE!!!!!


ランキングに参加しています。

応援よろしくおねがいします!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


▼ 簡単1分 無料会員登録はこちらから ▼

累計会員数800万人突破!内職/副業/お小遣い稼ぎするならモッピー!

iDeCoについて知りたい方はこちらをご覧ください。


つみたてNISAはこちら。

ランキングに参加しています。

応援よろしくおねがいします!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
FIRE 投資
シェアする
けーすけをフォローする
けーすけのRoad to FIRE!!!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました