SBI・V・全世界株式インデックスファンド【SBI・VT】が新登場!バンガード社の大人気ETF・VTに投資ができる投資信託!楽天VTとの比較も解説!

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
投資信託

2021年12月28日、SBI証券の人気シリーズである「SBI・Vシリーズ」に新しくVTに投資できる投資信託を設定したとのニュースがありました。

その名も「SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド(SBI・VT)」

SBI・Vシリーズは、米国バンガード社のETFを投資対象としている低コストファンドとして人気です。


そこで今回は、SBI・V・全世界株式インデックスファンド【SBI・VT】が新登場!バンガード社の大人気ETF・VTに投資ができる投資信託です!楽天VTとの比較も解説!をテーマにお話ししていきます。


この記事を読むべき人
  • SBI・VTについて知りたい
  • SBI・VTのメリット・デメリットを知りたい
  • 楽天VTとどちらがいいのかを知りたい

SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド【SBI・VT】とは

2021年12月28日、SBI証券の人気シリーズである「SBI・Vシリーズ」に新しくVTに投資できる投資信託を設定しました。

その名も「SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド(SBI・VT)」


SBI・VTについて解説する前に、 「SBI・Vシリーズ」 について解説しておきましょう。


SBI・Vシリーズとは

SBI・Vシリーズとは、SBI証券が提供する投資信託のこと。

長期の資産形成を応援する低コストのバンガードインデックスファンドシリーズです。

これまでは3つの投資信託がありましたが、SBI・VTの登場により、4つになりました。


SBI・Vシリーズ

① SBI・V・S&P500インデックス・ファンド(バンガード社のVOO)

② SBI・V・全米株式インデックス・ファンド(バンガード社のVTI)

③ SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンド(バンガード社のVYM)

❹ SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド(バンガード社のVT)


SBI・Vシリーズはクレカ積立にも対応しています。

SBI・V・全世界株式インデックス・ファンドの基本情報

次に、今回新たに登場した SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド の基本情報を見ていきましょう。


①ファンド名称

SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド


②ファンド愛称

SBI・V・全世界株式【SBI・VT】


③投資対象

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)


④設定日

2022年1月31日(月)

(2022年1月17日(月)から募集開始)


⑤信託報酬率

年率0.1438%程度

→100万円運用して年間コストは1,438円


⑥インデックス

FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス(円換算ベース)

※大型株、中型株、小型株まで網羅する全世界の株式市場の動向を表す時価総額加重平均型の株価指数のこと。

※構成銘柄数は約8,000


⑥販売会社

SBI証券


楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)との比較

これまでSBI・VTのご紹介をしていましたが、これよりも先にVTを投資対象とする投資信託がありました。

その名も楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)です。

このブログの読者さんの中にも楽天VTに投資している方が多いのではないでしょうか。


大人気の楽天VT とSBI・VTを比較してみましょう。

ファンド名称SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド楽天・全世界株式インデックス・ファンド
愛称SBI・V・全世界株式楽天VT
インデックスFTSEグローバル・オールキャップ・
インデックス(円換算ベース)
FTSEグローバル・オールキャップ・
インデックス(円換算ベース)
連動ETFVTVT
信託報酬率0.1438%程度0.212%
設定日2022年1月31日2017年9月29日
販売会社SBI証券楽天証券、SBI証券、マネックス証券 ほか

楽天VT とSBI・VTの違い

SBI・VTと楽天VTとでは大きな違いが2つあります。

楽天VT とSBI・VTの違い

①信託報酬率

②販売会社


①信託報酬率

信託報酬率についてはSBI・VTの勝ち。

◉SBI・VT: 0.1438 %程度

◉楽天VT: 0.212 %

SBI・V・全世界株式は楽天VTと比較すると年率0.0682%も低くなっています。

100万円運用すれば、年間682円の差が出ます。


ただし、SBI・V・全世界株式は運用開始前であり、今後運用をしていく中で確定する実質コストに注目しておくおきましょう。


②販売会社

SBI・VTは、SBI証券のみの取り扱いです。

楽天VTに関しては、楽天証券、SBI証券、マネックス証券など多くの証券会社で取り扱いがあります。

信託報酬率などのコスト面を考えると、SBI・VTのほうがトータルリターンは高くなります。

楽天証券しか持ってないという方は、SBI証券の口座開設も検討してみましょう。


まとめ

今回は、SBI・V・全世界株式インデックスファンド【SBI・VT】が新登場!バンガード社の大人気ETF・VTに投資ができる投資信託!楽天VTとの比較も解説!をテーマにお話ししてきました。

まとめ
  • SBI・Vシリーズとは、長期の資産形成を応援する低コストのバンガードインデックスファンドシリーズ
  • SBI・VTは大人気ETF・VTに連動する投資信託
  • SBI・VTの信託報酬は、0.1438 %程度と格安
  • 楽天VTと比較しても、SBI・VTの方が優良か

楽天VTよりも低コストで運用できますので、乗り換えも検討してみてはいかがでしょうか。

SBI証券の口座開設リンクは以下に貼っておきます。

【被紹介者さま用専用ページ】SBI証券のポイント投資ご紹介プログラム ご紹介さまに最大50,000ポイントプレゼント|SBI証券
SBI証券のポイント投資ご紹介プログラムとは、被紹介者さまが新規でSBI証券の総合口座開設完了&開設後に「Tカード番号登録」完了いただくごとに、紹介者さまにTポイントを5,000ポイントを進呈するプログラムです。


Road to FIRE!!!!!

ランキングに参加しています。

応援よろしくおねがいします!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事

SBI・Vシリーズは資産形成の相棒です。

僕はSBI証券をメイン口座にしています。

SBI・VTIもおすすめです。

全世界株式か、米国株式か

SBI・VTもクレカ積立の対象らしいです!

ランキングに参加しています。

応援よろしくおねがいします!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
投資信託
シェアする
けーすけをフォローする
けーすけのRoad to FIRE!!!!!
タイトルとURLをコピーしました