今を楽しむために、貯金なんてしないという考え方

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
家計管理

先日、友人2人と焼肉に行きました。

その友人とはコロナ流行の前に会った以来で、約2年ぶりの食事です。

貯金の話になったので、僕が貯金や資産運用の大切さを彼らに伝えました。

すると、友人の一人がこんなことを言いました。

「死んだら貯金なんて無駄だから、今は貯金なんて考えず、全部使って遊ぶんだ」と

確かに死んでしまったら、その貯金は自分にとっては何の意味もありません。

貯金を考えて、節約していては、楽しむことを我慢しなければなりません。

別に彼の考え方を否定するわけではないですが、彼は大事なことに気づいていないと思います。

今死ぬ確率よりも、長生きする可能性の方が高い ということを。

明日死ぬ確率は、

30歳の場合、男性が100万分の2(0.00020%)、女性が1,000万分の8(0.00008%)

45歳の場合、男性が100万分の4(0.00040%)、女性が1,000万分の3(0.00030%)

だそうです。

このパーセンテージを見る限り、若くして死ぬ確率は非常に低いことがわかります。

次に、長生きをする確率を見てみましょう。

80歳まで生きる確率は、男性が63.5%、女性は81.53%

90歳まで生きる確率は、男性が25.85%、女性は81.53%と言われています。

日本人の平均寿命は男性が81.4歳、女性が87.45歳ですから、

定年退職をして死ぬまでに約15年以上の期間を年金で賄わなければなりません。

医療技術の進歩によって、平均寿命は更に伸びます。

また、労働人口の減少により、もらえるであろう年金額は減少していきます。

つまり、定年退職後に年金だけで生活できないがために、働かなくてはいけない人が増えると思います。

今を楽しむのは非常に大事なことですが、今のことだけを考えて行動するのは、老後の自分を苦しめることになります。

一切貯金しない という考え方ではなく、余ったお金の半分は楽しむために浪費し、半分は老後のために貯蓄し、資産運用をして、老後の自分のために今を生きたいです。

死んで後悔よりも、生きて後悔する方が辛い!


Road to FIRE!!!!!

ランキングに参加しています。

応援よろしくおねがいします!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキングに参加しています。

応援よろしくおねがいします!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
家計管理
シェアする
けーすけをフォローする
けーすけのRoad to FIRE!!!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました