節約の敵!限界効用逓減の法則とは? お金がどんだけあっても「足りない」と思うワケ

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
倹約

こんにちは!FIREを目指す会社員・けーすけです。

皆さん、「限界効用逓減の法則」という経済学用語をご存じでしょうか?

節約の敵である「限界効用逓減の法則」

今日はこの法則が、なぜ節約の敵であるのかを、解説していこうと思います。

限界効用逓減の法則とは

「限界効用」とは、消費財1つの満足度(=効用)を表していて、消費財が増えるごとに消費財1つで得られる満足度は減っていく、ということです。

つまり、限界効用逓減の法則とは、最初の1つ目がめちゃくちゃ良く見えても、次の2つ目、3つ目は最初の1つ目よりもよく見えなくなるということです。

例えば、それがどんなことなのか、実施の生活に例えて、説明していきましょう。

具体例 

1杯目のビールが一番美味い

 仕事帰りの1杯目のビールはとても美味しいです。

 しかし、2杯目、3杯目を飲んでいるうちに、

 その満足度はどんどん減っていきませんか?

より良い家に住むために頑張って、引っ越したけど、それが普通になって、それ以下の所に住めない

もっと良いところに住みたい!と仕事を頑張って、今より家賃が5万円高いところに住んだけど、もっと良いところに住みたくなった。

ってか今よりも悪いところには二度と住みたくない。

皆さんもこんな経験があるのではないでしょうか?

このように、人間は一つのことに対する満足度はどんどん減っていき、よりよい満足度を求める傾向にあります。

しかし、節約をする上では、この限界効用逓減の法則は宿敵です。

一度生活レベルを上げてしまうと、生活レベルは落としにくいものです。

 ・小遣いを下げられるのは嫌だ

 ・今までは叙々苑に行ってたのに、普通の焼き肉屋に行くのは嫌だ

 ・ヴィトンのカバン使ってたのに、ユニクロのカバンなんて使えない。

このように、よい環境を体験してしまうと、それ以下の環境には行きたくないと考えてしまいます。

では、その満足度を下げないために、どうすればいいのか?

満足度を下げない方法

生活レベルを上げない

一度上げてしまうと下げられないのであれば、上げなければいいだけの話です。

 ・今の家賃をキープ

 ・小遣いはキープ

生活レベルを上げる=お金がそれ以上にかかる

ことになります。

自分が満足するものにだけお金をかける。

何でも間でも我慢していては、節約は長続きしません。

大事なことは、支出にメリハリをつけて、必要なところにはお金を使い、不必要なところは削る。

これを意識すれば、満足度を下げることなく、生活レベルを相対的に上げることができます。

まとめ

今日は、限界効用逓減の法則についてご説明しました。

まとめ

・消費財1つの満足度(=効用)を表していて、消費財が増えるごとに消費財1つで得られる満足度は減っていく

・人間は一つのことに対する満足度はどんどん減っていき、よりよい満足度を求める傾向にある。

・よい環境を体験してしまうと、それ以下の環境には行きたくないと考えてしまいます

・満足度を下げないために、支出にメリハリをつける。

自分の満足するレベルを把握し、出来るだけ生活レベルを上げないようにしましょう!


Road to FIRE!!!!!


ランキングに参加しています。

応援よろしくおねがいします!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

節約意識を高めるために、貯蓄率を意識しましょう。

ランキングに参加しています。

応援よろしくおねがいします!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
倹約
シェアする
けーすけをフォローする
けーすけのRoad to FIRE!!!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました