NISAって何?資産運用をして、老後の不安を無くそう。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
投資

おはようございます。FIREを目指す会社員・けーすけです。

今日はNISAについて、お話していこうと思います。

貯金だけでなく、お金を増やすために「資産運用」をする人が増えてきています。

資産運用をする上で、必ず活用したい制度。

それがNISAです。

今回はNISAの中でも、一般NISAについてお話していこうと思います。

この記事を読めば、既にやっている方は復習に、まだやっていない方にとっては、NISAを簡単に学ぶことが出来ますので、是非ご一読ください。

一般NISAとは?

「一般NISA」は、少額投資非課税制度(NISA)のことで、2014年1月からスタートしました。

投資で得た利益(配当金・分配金や譲渡による利益)を非課税で受け取ることができる制度です。

通常、株式投資等で得た利益には、20.315%の税金(所得税+住民税+復興特別所得税)がかかります。

しかしNISA口座で運用をしていると、この税金が0になります。

資産を効率よく増やすための方法の一つとして、とても注目を集めています。

一般NISAの概要

一般NISAの概要は以下の通りです。

年間投資上限額は120万円で、非課税となる期間は最長5年間です。

対象商品は、上場株式、株式投資信託、ETF(上場投資信託)、REIT(不動産投資信託)などです。

つみたてNISAと比較すると、様々な商品が対象となっています。

一般NISAのメリット

メリット

①最長5年利益が非課税になること

②非課税枠がつみたてNISAに比べて120万円と多い

最長5年利益が非課税になること

通常の投資用口座で運用していると、利益に対して20.315%の税金がかかります。

しかし、一般NISA口座で運用していれば、税金は0円になります。

非課税枠がつみたてNISAに比べて120万円と多い

つみたてNISAは年間40万円しか非課税枠がありません。

しかし、一般NISAは非課税枠が120万円なので、まとまったお金を運用できるかたは、大きな額を非課税で運用することが出来ます。

一般NISAのデメリット

 

デメリット

①損したときに税制上の恩恵を受けられない

②非課税期間が最長5年と短い

  

損したときに税制上の恩恵を受けられない

一般NISAでもし損失が出た場合、通常の投資では認められているように他の運用益と相殺したり(損益通算)、年をまたいで繰越したり(繰越控除)できません。

例えば、つみたてNISAで300万円の運用益が出たとします。

一方、個別株投資で300万円の損失が出たとします。

その場合、通常であればその300万円は相殺され、得た運用利益はゼロ円になります。

しかしNISA口座の場合は、運用利益を相殺することができません。

先ほどの例で言えば、本来なら利益は0円になるはずなのに、損益通算が出来ないため、300万円の利益に対して税金20.315%がかかってしまいます。

非課税期間が最長5年と短い

つみたてNISAは20年間非課税で運用できるのに対し、一般NISAは5年しか非課税期間がありません。

長期で運用したい場合は、つみたてNISAで運用した方がメリットが多いでしょう。

まとめ

今日は一般NISAについてご紹介しました。

まとめ

・一般NISAとは、投資で得た利益(配当金・分配金や譲渡による利益)を非課税で受け取ることができる制度

・投資上限額が120万円と多いので、たくさん運用したい方にとってはオススメ。

・非課税期間が5年間と短いので、長期的な資産形成には不向き。

僕は長期的な目線で資産運用を考えていますので、つみたてNISAを利用しています。

しかし個別株投資で利益を上げて稼ぎたい!という方には、とても良い制度だと思います。

まだ利用していない方は下のモッパー経由で

SBI証券の証券口座を開設すれば4,000円分のモッピーポイントがもらえます照れ

Tポイントにも交換できるのでウェル活が捗ります😆


Road to FIRE!!!!!

ランキングに参加しています。

応援よろしくおねがいします!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事


つみたてNISAについてはこちら。

iDeCoについてはこちら。


NISAをするなら、SBI証券がおすすめ!SBI証券の口座開設リンクはこちらです。

【被紹介者さま用専用ページ】SBI証券のポイント投資ご紹介プログラム ご紹介さまに最大50,000ポイントプレゼント|SBI証券
SBI証券のポイント投資ご紹介プログラムとは、被紹介者さまが新規でSBI証券の総合口座開設完了&開設後に「Tカード番号登録」完了いただくごとに、紹介者さまにTポイントを5,000ポイントを進呈するプログラムです。


SBI証券では、SBI・Vシリーズの投資信託を購入できます。


マネックス証券も選択肢の一つ。


もっと手軽に投資をしたいなら、LINE証券もGOODです。

ランキングに参加しています。

応援よろしくおねがいします!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
投資
シェアする
けーすけをフォローする
けーすけのRoad to FIRE!!!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました