初心者の長期資産運用!買ってはいけない投資信託の特徴4つ!

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
投資信託

おはようございます。FIREを目指す会社員・けーすけです。

資産運用する場合、大多数の人にとって最適解となるのが、『投資信託』です。
今回は「買ってはいけない投資信託の特徴4つ」をご紹介したいと思います。


この記事を読めば、

・買ってはいけない投資信託の特徴がわかる 
・投資信託の仕組みがわかる



投資信託とは

はじめに、投資信託について簡単にご説明します。

投資信託とは

投資信託とは、多くの人のお金を集めてひとまとめにし、運用のプロが投資先を決定し運用を行い、そこで出た利益を出資した額に応じて、配分する投資商品です。
投資をしたいけど、 自分だけでは多くの株や債券を買うほどのお金はない、 自分ではうまく運用する自信がないのでプロに任せたい、 そんな人に最適な商品の一つです。

詳しくは以下の記事で説明していますので、ご一読ください。

投資信託の仕組み

投資信託は、投資家から集めた資金を元に「販売会社」「運用会社」「信託銀行」の3機関で役割を分担し、運用されています。

販売会社: 投資信託の募集および販売を行い、投資家から資金を集めます。 
運用会社: 資金をもとに投資信託を組成し、信託銀行へ運用の指図を行います。 
信託銀行: 運用会社の指図をもとに受託した資金を株式や債券などに投資し、資金の管理を行います。


投資信託の手数料

投資信託を購入すると、様々な手数料がかかります。


販売手数料
投資信託を購入するたびにかかる手数料のことです。


信託財産留保額

投資信託を換金(解約)した時に発生する手数料のことです。



信託報酬(運用管理費用)
個人投資家に代わって投資・運用を担う運用会社に支払われる手数料です。

信託報酬の割合は年率で表されるケースが多いです。 例えば「信託報酬0.1%」の場合は、保有額に対し、年率0.1%が運用会社に信託報酬として支払われます。
投資信託を購入すると、持っているだけで様々な手数料がかかりますので、手数料が低い投資信託を選びたいです。

買ってはいけない投資信託の特徴4つ

次に買ってはいけない投資信託の特徴4つをご紹介します。

●銀行や証券会社の窓口で売っている投資信託
銀行や証券会社の窓口で売っている投資信託は、基本的に手数料が高いので、買ってはいけません。
また、それらの窓口で紹介される投資信託は、「投資家(お客さん)が儲かる投資信託」ではなく、「銀行や証券会社が儲かる投資信託」です。


彼らは、自分たちの利益のために、投資信託の販売をしています。
つまり、自分たちが儲かる金融商品しかおすすめしてくれません。


100万円分の投資信託を購入して、購入手数料として、3%を販売会社に持っていかれたら、残りの97万円しか投資出来ていないのです。


さらに、年1~2%の信託報酬が、投資信託の保有期間中ずっと信託財産から差し引かれ、販売会社、運用会社、信託銀行の三者に支払われます。

販売手数料に比べれば小さく見えますが、購入時に1回支払えばいい販売手数料と違って、信託報酬は保有中ずっとかかるので、長期で資産運用する場合、大きな差がつきます。

例えば100万円を年利6%(1年複利)で20年間運用した場合、信託報酬1%と2%の商品では、20年後には40万円以上の差がついてしまいます。



●”テーマ型”の投資信託


テーマ型とはAIやドローンなどといった、特定のテーマに関連する企業を投資対象にする投資信託のことです。
短期的な利益を求めるのであれば、良い投資対象になるものもあると思いますが、長期投資の場合は、おすすめ出来ません。



●”毎月分配型”の投資信託
毎月分配型の投資信託は1ヵ月ごとに決算して投資信託の資産の一部を分配金として毎月支払うものです。


初心者の方は 「え、毎月分配金くれるの!めちゃいいやん!」と思いがちですが、それは間違っています。

 
収益が出ている場合は、その収益の一部を分配金として、支払えば良いです。

しかし、収益が出ていない場合も分配金を出さなければなりませんから、元本が減ってしまうのです。


例えば、100万円預けて、毎月3%の分配金を支払う投資信託があった場合。

利益が出なくても3%の分配金を払わなければなりませんから、元本100万円のうち、3万円を分配金として払い出します。

投資に回せるお金が97万円になってしまいますから、運用が非効率になってしまいます。

元本を削って配当を出すことを、「タコ足配当」と呼びます。
タコ足配当という理由は、タコが自分の足を食べる習性を、企業が利益以上の配当金を支払うために資産から捻出している(資産を食べている)ことに例えているからです。


長期投資をする場合は、無分配や分配金が少ない投資信託を選びましょう。



●コストが高い「ファンドラップ」
ファンドラップとは顧客の資産を金融機関が投資信託を用いて投資・運用してくれるサービスのことです。

ファンドラップには投資信託の手数料に加えて1%~2%程度のファンドラップの手数料がかかります。
長期の資産運用をする場合、手数料が高いのは、運用利回りを下げることになりますから、避けた方が良いです。

まとめ


今回は、買ってはいけない投資信託の特徴4つをご紹介しました。

まとめ
  • 投資信託とは、多くの人のお金を集めてひとまとめにし、運用のプロが投資先を決定し運用を行い、そこで出た利益を出資した額に応じて、配分する投資商品
  • 投資信託には様々な手数料がかかる。(信託財産留保額・信託報酬・販売手数料)
  • 基本的に手数料の高い投資信託は購入してはダメ




このような特徴を持つ投資信託を避けて、安心・安全な長期の資産運用をしましょう!


Road to FIRE!!!!!

ランキングに参加しています。

応援よろしくおねがいします!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ



▼ 簡単1分 無料会員登録はこちらから ▼

累計会員数800万人突破!内職/副業/お小遣い稼ぎするならモッピー!


投資信託についての解説はこちら。


今回の内容は、ETFについても同じことが言えます。


投資信託を買うならつみたてNISAやNISA、iDeCoを活用しましょう。


SBI証券の口座開設リンクはこちらです。

【被紹介者さま用専用ページ】SBI証券のポイント投資ご紹介プログラム ご紹介さまに最大50,000ポイントプレゼント|SBI証券
SBI証券のポイント投資ご紹介プログラムとは、被紹介者さまが新規でSBI証券の総合口座開設完了&開設後に「Tカード番号登録」完了いただくごとに、紹介者さまにTポイントを5,000ポイントを進呈するプログラムです。

SBI証券では、SBI・Vシリーズの投資信託を購入できます。


マネックス証券も選択肢の一つ。


もっと手軽に投資をしたいなら、LINE証券もGOODです。

ランキングに参加しています。

応援よろしくおねがいします!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
投資信託
シェアする
けーすけをフォローする
けーすけのRoad to FIRE!!!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました