eMAXIS Slimシリーズとは?大人気の投資信託シリーズ!長期資産形成するならメリット大!

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
投資信託

おはようございます!2035年にFIREを目指す会社員・けーすけです!

eMAXIS Slimシリーズは、業界最安値のコストを目指すファンドとして、多くの個人投資家か、支持を集めている投資信託シリーズです。

2020年の投信ブロガーが選ぶファンドオブザイヤーでもTOP10のうち、5つを占めるなど、多くの商品が上位にランクインし、純資産も右肩上がりとなっています。

今回は、投資初心者の方から、長年資産形成に取り組まれている方まで、様々な人に魅力的な投資信託である「eMAXIS Slimシリーズ」について解説していきます!

この記事を読むことで

・eMAXIS Slimシリーズとは何かがわかる
・eMAXIS Slimシリーズがおすすめな理由がわかる
・eMAXIS Slimシリーズの種類には何があるかわかる
・eMAXIS Slimシリーズでおすすめの投資信託がわかる

eMAXIS Slimシリーズとは?

eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)シリーズは三菱UFJ国際投信が運用する投資信託です。

「業界最低水準の運用コストを、将来にわたってめざし続けるファンド」というコンセプトが人気の理由です。

実際のところ信託報酬は業界最安値になるよう、継続的に引き下げられています。

長期投資では信託報酬などのコストが低いほど良いので、長期投資家にとっては最良の投資信託と言えます。


個人投資家から大人気

業界最低水準のコストを目指すeMAXIS Slimシリーズ。

個人投資家からの支持は絶大で「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the year 2020」にて、eMAXIS SlimシリーズはNo.1を獲得!

また、TOP10のうち、5つがeMAXIS Slimシリーズから選ばれるなど、投資信託界では確固たる地位を築いています。


eMAXIS Slimシリーズがおすすめな理由

eMAXIS Slimシリーズをおすすめする理由は、やはり継続的に引き下げられる信託報酬にあります。

以下の図は、2017年からの信託報酬の推移です。

三菱UFJ国際投信 HP


これを見ると2017年以降、継続的に信託報酬が引き下げられているのがわかります。

長期投資において、コストは非常に重要な要素です。

わずかな差でも、長期間にわたって積み重なると複利効果もあり、リターンに大きな差が出ます。

このコストの低さと、業界最低水準を継続的に目指すという商品コンセプトが、eMAXIS Slimシリーズがおすすめできる理由です。


eMAXIS Slimシリーズの種類

誰にでもおすすめできるeMAXIS Slimシリーズは、全部で13種類あります。

日本株、先進国や新興国の株式だけじゃなく、リートや債券まで幅広い資産を扱っています。

純資産も全て20億円を超えているので、投資信託の規模としては十分と考えます。

純資産が低いと、運用コストが上がったり、途中で償還されてしまう可能性があるので、純資産が高いことも、銘柄選びで大事なことです。


eMAXIS Slimシリーズの中でおすすめは?

たくさんの種類があるeMAXIS Slimシリーズですが、僕が一番おすすめしたいものは、3つあります。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)
eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

株式を対象とした投資信託をおすすめしていますが、長期投資の観点で大きなリターンを目指していくのであれば、株式が最適解と言えます。

それぞれ順番に解説していきます。


解説

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は、米国のS&P500という指数に連動した投資信託です。

S&P500とは、ニューヨーク証券取引所、NASDAQ等に上場している企業から代表的な500銘柄を時価総額で加重平均し、指数化したものです。

そのため、S&P500に連動するファンドに投資すれば、アメリカの主要企業500社へ投資しているのと同じ効果が期待できます。

以下の図は、S&P500の株価チャートです。

基本的に右肩上がりですから、将来のための資産形成には最適な株価指数と言えます。


eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)は、国内・海外先進国・新興国すべてを含む「全世界の株式」を投資対象とするインデックスファンドです。

これまでは、米国株が好調でしたが、過去の実績は、未来の成果を保証するものではありません。

これから一番良い成績をあげるのは、米国なのか、日本なのか、先進国なのか、新興国なのか、誰にもわかりません。

それなら、いっそのこと全世界に丸ごと投資してしまうのが最も無難と言えます。


eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)は、日本を除いた 先進国(22か国)と新興国(24か国)から構成されており、 約2700銘柄で構成されています。

先程紹介したオールカントリーから、日本だけを除いた投資信託と言えます。

我々日本人の多くは、日本企業に勤め、日本円で給料を受け取っています。

資産の多くを日本円で持つことになりますから、投資信託では日本株を除くことは合理的だと思います。


まとめ

今回は、投資初心者の方から、長年資産形成に取り組まれている方まで、様々な人に魅力的な投資信託である「eMAXIS Slimシリーズ」について解説しました。

我が家は、

僕のつみたてNISA、特定口座
妻のつみたてNISA、特定口座
息子のジュニアNISA

で「eMAXIS Slimシリーズ」の投資信託を購入しています。

長期で積み立てるには最適な投資信託ですから、まだ投資していない方は是非この機会に購入してみてください!

「eMAXIS Slimシリーズ」を資産形成の柱にして、FIREに向けて突っ走ります!


Road to FIRE!!!!!

ランキングに参加しています。

応援よろしくおねがいします!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事

僕がつみたてNISAで積み立てている投資信託について解説しています。


僕がおすすめする証券会社でも、「eMAXIS Slimシリーズ」の投資信託を購入できます。


「eMAXIS Slimシリーズ」の他にも、SBI・Vシリーズもおすすめです。


買ってはいけない投資信託の特徴についても解説しています。


米国株式か、全世界株式かを迷っている方は、こちらの記事をご覧ください。

ランキングに参加しています。

応援よろしくおねがいします!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
投資信託
シェアする
けーすけをフォローする
けーすけのRoad to FIRE!!!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました